2015年02月27日

あこがれのOLちゃんたち

私が専門学校を卒業し、IT業界に就職してまもなく、お客さん先の職場に派遣で来ている、みどりさんというOLちゃんを好きになった。
(私も技術支援のため常駐で行く立場である)

お客さんの事務所に通い始めた、始めの日。
私の席はみどりさんの隣を指定された。

こんな綺麗な女性がいるものなのかと
びっくりした。
しかも常駐期間中は、ずっとみどりさんの隣で仕事をさせてもらうことができた。

時々、みどりさんのハンドクリームのにおいが
私の鼻に届く。
生きてきた中で、始めて体験するイイにおいで
私はときめきに満ちあふれた。

ある日、
「そのハンドクリーム私にも少しわけてっ」
とおねだりしてみた。

すると、にゅるにゅると、私の手の甲にだしてくれた。
本当にみどりさんと同じにおいのクリーム
が私の手にっ!

うわぁっ
手がぬめぬめだよ~

うれしくてたまらなかった、そのハンドクリームはロクシタンというメーカーのでした

味をしめた私は自分でも買ってきて
長年愛用することとなった

アーモンドも入っているけど、においが、なんとも女性的なぶぶんがある。

でも効力ではニベアに負けるかもしれません

そんなロクシタンさんですが、男性向けの
化粧品も出す時代になったかのと
驚いている。

http://www.loccitane.co.jp/ITEM/20MA030V13

早速、お店のテスターを使って来ました。

「男くさいっ、ていうか女の子が好きそうなにおい!」

てか、ウルトラマリンという香水のような、ありふれた香りじゃないか
とくに、ロクシタン独特の香りってわけでもなくて、拍子抜けたさ。

でもねっ、市場に男性向け製品を送り出した
ロクシタンさんの勇気はすばらしいとおもう。

ロクシタン創設当初も、アルバイトで貯めたお金で一台の蒸留機を手に入れて
商売を始めたという話らしい。

かっこいいな、ロクシターン。  


2015年02月18日

添い寝女子へひとこと

まだまだ寒い日が続いて
ホッカイロがほしい季節ですね。

今日、書く気になったのは東西線での帰り道、
今日も添い寝女子が可愛いいいから

私に描き出されたいのかな。
じわじわ体重を預けて来るスタンダードな
すっとぼけ添い寝スタイル。

正常位ぐらい、いいねっ。
でっ、たまに、びっくっんってなる。

この、びっくんってなるのに
私は愛着を覚えるよ

のろけ話ばかりでも、面白くない人もいるでしょう
あとで、「本が腹につきささるおっさん」というロマンスでも書くさ。

お楽しみにっな  


2015年02月06日

今日だけ

京成成田駅から電車で乗り合わせた、
おねぇさんがカワイイ

大抵のおねぇさんのことだけど、
ほのかにいいにおいがする

隣に座ると早速、いつでも添い寝できるように、私の方に席を少し詰めて来る
特に肩が当たったりしない、絶妙な
位置取り。

本当かいなっ。
一時間くらい隣同士で通勤する。
遠方からの通勤ならでは。知らないえねーさんが
隣に時々座って来るささやかな楽しみです。

以上、田舎おっさんの通勤でした。  


Posted by amidaios at 08:24 │コメントをする・見る(0)

2015年02月02日

少し早い帰り道part.2

今日は20:00前からの帰宅路である。
たまたま座った電車で、おねぇさんたちに
挟まれるような状態だった。

もう、私もおっさんなので、煙たがる
おねぇさんも居るけど、今日はそうでもない。

なんだか、妙にいいにおいが、
かすかに香って来る。
隣に座るぐらい近づかないと
わからないほど、弱いにおい(・~・)

隣にすわっているだけなのに、
抱かれているような気分がして来たぞ

けっこう恥ずかしい気分になって来たぞ
すこし顔が熱を帯びてきた

そして、おねぇさんたちは途中下車した
冷めるようで、さめない思い出

おねぇさんたちに、煙たがれることがないように
清潔感はしっかりして行きたいものです

スーツも、リセッシュだけじゃなくて
飲み会のあとは、面倒がらず
くりーにんぐに出しましょう。

生地の寿命は縮みますが、
おねえさんたちがまた君の隣に座ることでしょう。